2012年10月01日

膵臓癌

膵臓癌(すいぞうがん)とは、正式には「膵癌」と呼ばれるもので、
膵臓に発生する癌です。

膵癌は特に早期発見が難しいと言われている癌であり、
治療をしたとしても、完治は難しいのです。
膵癌の死亡率も高く、癌の中でも厄介な癌として、
多くの方が認識しているはずです。

膵癌の症状は分かりにくいことから早期発見は難しいのです。
発見された時には進行している状態が多く、治療としては
腫瘍の摘出が行われます。

しかしながら、手術後の生存率は高いとは言えず、再発・転移も
多い癌であり、死亡率の高い癌なのです。

膵臓癌を予防するにも、確実に予防できる方法はないに等しいのです。
ですが、膵臓癌を早期発見するためにも、定期検診などを行うことには
理由があります。



posted by gann85 at 09:43| Comment(0) | 膵臓癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

膀胱癌

膀胱がんは特に50歳以上の方に多く発症する癌であり、
膀胱癌の状態によって治療法は異なります。
70歳以上が特に多く、膀胱癌は50代以上の男性に
非常に多い癌の種類です。

女性は比較的、膀胱癌は発症しにくいと考えられていますが、
女性にも可能性はあります。

膀胱癌の主な症状は”血尿”です。
血尿がある場合、何かしら病気を疑うと思いますが、
膀胱癌の可能性ついても考えてみましょう。

膀胱癌の治療では、腫瘍切除の手術、抗がん剤を使用する
化学療法などがあります。

膀胱癌の状況によって使い分けられます。

膀胱癌は死亡率の高い肺や肝臓にも転移しやすいと言われているので、
早めに治療を行いながら転移を防ぐようにしなければいけません。


ラベル:膀胱癌 発症 血尿
posted by gann85 at 09:40| Comment(0) | 膀胱癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

卵巣癌

卵巣に生じる腫瘍を卵巣癌と言います。

卵巣癌は比較的、発症年齢は幅広いと言われております。
30代以上で発症することも多いようですが、若い方にも
見られます。

卵巣癌は早期発見しにくい癌です。
卵巣癌が見つかった頃の状態によって、治療方法が
異なります。

ですが、基本的には腫瘍の切除手術となります。
それに加えて、化学療法がおこなわれます。

卵巣癌を発症したとしても、切除・摘出することによって、
生存率は長くなることがあります。

しかしながら、発見が遅れてしまうと、見つかった時点で
卵巣癌は進行して悪化しているため、生存率は下ります。
十年以上の生存率と言われていますが、状態によっては
治療が間に合い、長生きできることもありますし、
生存率が低くなり数年の生存率となることもあります。


posted by gann85 at 09:23| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。